セブ, マクタン島 よろず日記(木曜会)

マクタン島に住む暇な日本人を中心に毎週木曜日集合です
会費もありません、幹事も居ません、手助けしません

毎週木曜日午後1時より、マクタン島 tamya「オレンジ、ブルータス店」
で行っておりますので気軽に来て下さい、

 連絡係:木曜会

HP セブ島よろず日記(木曜会)

セブ、マクタン島、木曜会、コルドバの孤児院へ

以前、木曜会の会員であるABさんとワランペラーさんが
孤児院へ個人訪問したが、、




今回は木曜会代表して私が行ってきました


近くのガイサノでコメ50K購入
ワランペラーさんの特設リヤカーで早速!!


ワランペラーさんがアポイント取ってあるので直接事務所へ


施設は竹で編んだバンブーハウスの小部屋に多くの
子供たちが生活している


決していい生活とは言えませんね


7歳のかわいい女の子が出迎えてくれた
「カノサ マグ ソゴツ アン クラス??」と私が聞く、、
あーそうー来週から学校が始まるのか、、



孤児院の園長先生と私です
少量のコメですが大変喜んで頂けました




参考の為、生活の様子を見てきました
ボランテアのおねーちゃんが小さな子の面倒を見ています
地域に住む多くのp人の方々が 毎日ボランテアとして
手伝いに来ています


こちらもボランテアのおばちゃん
新学期が始まるので通学する子供たちの制服を
手作業で作り上げます


リジョン!
「何?トン イカウ レチョンか?? 」ジヨークで笑わせます


子供たちの皮膚病、吹き出物、あービタミンBグループが足りないなー
持ってきた子供用塗り薬をつけて回る
逃げる子供に「こら! まてー!」私は父親気取りです(笑


この少年は私のベルトを握り、ビサヤ語で 私に一生懸命話しかけてくる、、
淋しいのか?パパに対する愛情なのか?
私は何も出来ないが、別れ際手を振るこの少年の事が気になった、、
どの子供でも、パパやママの愛情が欲しい年頃だ!
私も子供は好きだ


私がこの孤児院で生活出来るなら、私自身も幸せに暮らせるような気がする
今回はマクタン島木曜会でのボランテア活動であったが
セブ、すみれ会でもボランテアの活動が始まる


多くの日本人主催のNPO法人がセブで活動しています
少額で結構です、心ある日本人の皆さんの寄付をお願いします


(人物画はー複写、転写禁止です)
lapulapu-ODA




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。