セブ, マクタン島 木曜会

マクタン島に住む暇な日本人  ー年中無休の木曜会ですー
会費もありません、幹事も居ません、会の決まり事も有りません
色々な困り事相談、生活情報などを提供しますが、「礼節の無い方は出席をお断りします!」

0916-704-3944(G)
lapulapu-尾田

マクタン島新道路と第4新橋その後?(5/25)

(2024年5月24日 午後8時35分 現在)
円貨→外貨(TTS)
米ドル(1 USD) 157.64円


24日からの雨(台風??)マクタン島では花に水やり程度の雨量しか無く
25日AM現在曇りです、セブ島のダムは空っぽで大雨が欲しいですね~。
ーーーーーー



(2024 年 5 月 19 日サンスターセブ)
カモテス島=道路拡張プロジェクトのため計画されている700本以上の
樹木除去計画予定(州道を13キロメートル以上拡張する予定)だが
州政府にプロジェクトの再検討を求める意見書も出ている。
ーーーーーーーーーー



(2024 年 5 月 17 日サンスターセブより一部抜粋)
セブ・コルドバリンク高速道路(CCLEX)とマクタン・セブ国際空港(MCIA)を
接続するためマクタン・セブ国際空港(MCIA)へより速いルートを提供する。

マクタンLLEX は、マクタン島バランガイ ババグ 2 から始まり、マクタン経済特区、
マクタン航空道路、バランガイ パジャック、ブアヤ、バンカル、イボを通過し、
プソクで終わる 12 キロメートルの高速道路プロジェクトです。

「以前私が住んでいた滑走路横4Kmの一般道路を使うんですね~、」
(24時間空港発着で騒がしい地域で安いと思うのだが??)
強気の販売で5年前の土地価格は1平米=7千Pでした(Buaya)今は?


海岸線イボ町は4車線拡張工事の為、スラム街などに2024年度内に
強制立ち退き命令が出ている!(ラプ=ラプ市より有料代替地提案あり


チャン市長は、マンダウエ市のカンサガ(CANSAGA)から
ラプラプ市のマリーナ(Marina-Seaview )までを結ぶ第4橋の建設にも
着手する予定であると述べた。

第4新橋建設は日本の有償ODA 0.3%で進行するそうでまた借金!)
赤本線は海岸線新道路計画予定で埋立地に接続予定
黒線は現在4車線拡張工事進行中です。
右手のMNRDP表記は第2滑走路用建設埋め立て予定です。


(写真=公共事業道路局広報HPより)


ラプラプ高速道路(LLEX)の提案は、既存の道路を利用する代わりに、
バランガイ・バサクからマクタン・セブ国際空港までトンネル建設検討。
このプロジェクトには韓国輸出入銀行,数十億ペソの韓国政府が資金提供する.
(CDNーNEWSより一部抜粋)

(コルドバ新道路より~ラプラプ市接続のガビ川新橋建設進行中)


マクタン島のバランガイにおける400ヘクタールの埋め立てプロジェクト」

カンジュラオ(Canjulao、赤点地)の 131 ヘクタールの埋め立て、
ここが立ち退き有料代替地かも??

本線道路狭すぎで拡張予定、、
プンタ・エンガーニョ(Punta Engaño)の100ヘクタールの埋め立て。
(CDN-NEWSより)

区画ポイント設置のまま放置状態
マクタン島は土地が年々値上がりだが、コルドバ地域はまだ安目です、

(造成後数年放置されている区画土地)


機械翻訳で間違いあるやも知れません
lapulapu-oda

×

非ログインユーザーとして返信する