セブ, マクタン島 よろず日記(木曜会)

マクタン島に住む暇な日本人を中心に毎週木曜日集合です
会費もありません、幹事も居ません、手助けしません

毎週木曜日午後1時より、マクタン島 tamya「オレンジ、ブルータス店」
で行っておりますので気軽に来て下さい、

 連絡係:木曜会

HP セブ島よろず日記(木曜会)

暇人爺と セブのスクオーター(ABーBBQ)

毎度お馴染みAB-BBQです


ここフィリピン下級層にはカトリックがあるだけで、
文化も常識も無いように感じるが笑いの絶えない世界


しかし現実性はほとんどありません
明日のコメがないのに、冗談を言い笑っています


知人のスクオーターへ私が出向くときは必ず食事を持っていきますが、
行くと、飯が来た!の大歓声!(大笑です)



まともな話をしても宗教?に洗脳されているので、
何を言っても信じようとしません
金がないなら鶏を飼うな,闘鶏じゃなくて!


食べるチキンを買えというんですがまったく聞く耳持たず
カネもないくせに小銭でLOTOを買い一攫千金夢見る


何を言っても、言っても、あくびがでる始末(笑)
挙句の果てに「あなたはフィリピンが分からない」という
私がお前たちのカルチャーと同じなら
俺は自殺する!と言うと皆大笑い
完全に現実から逃げていますね、、



まともな考えを持った人は古材でスクワッター地域に自分の家を建て、
苦しい生活の中から子供たちを学校に行かせ、卒業すると
働き出しスクワッターから出ていく、子は親の背中見てますね


そして住んでいたバラック小屋を賃貸してこれも収入を得る
まさかスクワッターに大家さんがたくさんいるとは思いませんでした



バラック小屋はベニヤ板で小部屋に仕切り
建設現場から拾ってきた古材で、二段ベッドを作り、
ボロいボーデングハウスの出来上がり、十分住めます、
家賃千Pでレンタルし
その部屋に寿司詰め状態で多くの人が住んでいる


陽が落ちるとランプ(軽油)がもったいないので早く寝
陽が昇ると暑いので早く起きる、健康的ですねー


日本ではごろ寝でも隣と隙間を取るが
ここではお隣同士張り付いて隙間なく多くの人間が寝ています
張り付き寝は気にしないみたいですね、、


彼らのほとんどは向上心のない人間が多く
何事も先を考えず本能のみで行動しているかも、、


私の持ってきた食料は断り無く飲む!、食べるが
皆、幸せそうな顔!、顔!私はこの時間が楽しい、、(笑)


しかし我々みたいな高齢者を 相手にしてくれる女の子は、
こういう地帯に育った女の子が多いですね、


(写真撮るからおいで~、恥ずかしいと言って来ない、可愛い19歳です)


彼女達はこの状況から抜け出したいが為に年の差関係なく
付き合い、同棲又は結婚を望み将来を見据えたしっかり者の
子連れ30歳女性も居るが、所詮お金の世界、、


ド田舎に行けば境遇が似ても、もう少し人間らしく
嘘のない優しさ、純粋さがありますね、、
と、、勝手な体験で書いてますが、私にとっては楽しいセブ滞在です


年代物、本物ホンダスーパーカブ! ボロボロだがまだ走る!

PHでは売ってない!あーこのバイク欲しいなー!次回見つけたら交渉しよう、、


(原稿ーAB-BBQ )


(写真ー複写、転写禁止です)


lapulapu-ODA、     2017年4月15日

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。