セブ, マクタン島 よろず日記(木曜会)

マクタン島に住む暇な日本人を中心に毎週木曜日集合です
会費もありません、幹事も居ません、手助けしません

毎週木曜日午後1時より、マクタン島 tamya「オレンジ、ブルータス店」
で行っておりますので気軽に来て下さい、

 連絡係:木曜会
Globe 0927-207-8388, ODA
HP セブ島よろず日記(木曜会)

HP 歳を忘れさせてくれるフィリピン
  (協賛 レイテ島、オルモック)

協賛の「すみれ会」では
会員の「一人暮らしの会員の安否確認」「緊急対応マニュアル」等
「生前準備」の対応を会員同士で助け合いながら準備を進めております。

セブ在住又は在住希望の日本人の方々を対象に「新会員」を募集しており毎週水曜日午後1時より、
マンダウエ市Jセンターモール(東横インとなり)2Fイミグレーションの外側のテラスにて、
生活情報に関するよろず相談事も承っておりますので(専門業者、弁護士紹介など)
これからセブに住む予定の方、並びにセブ在住の日本人の方、会員以外の方も自由参加です
「転ばぬ先の杖」としてまず水曜会においで下さい

すみれ会公式HP 「セブ島移住者による交流会のブログ」

ビサヤ女の深情けパート4 (コルドバ月光)

パート3に続きまして、その続編です。
マア~第一印象としては、女性としては微妙にストライクゾーンからは外れましたがセブでの生活を始めるにあたっての水先案内人としては信頼できるカナ!?でした。

当日の初対面は既に夜7時過ぎなので取敢えず、彼女は日本食が大好きとの事で
向かい側の”だるま”で夕食、一年前からメール等での付き合いがありましたので
既にお互いの事は理解していたので、専らこれからのセブでの生活に関する
注意事項が話題の中心でした。
楽しい食事の時間も終わりに近づき、清算をしようとした所「今日はウエルカムディナー
なのでアコがオカニ ペイシュルヨ」後で解った事なのですが、大学卒業後日本へ
OFW(海外出稼ぎ労働者)として働きに行っていたそうなので日本語は多少出来た
そうですですが、私とセブで会う事が決まった後は日本語を猛勉強したそうです。

彼女の家系は、医者や議員が沢山おりピンは某市の市長からキリはギャングのボス迄
と多彩で、「何かトラブルが有っても心配ナイヨ」との事、彼女もOFWで日本から
帰国後はそのコネでスンナリと一流企業に就職出来たそうです。
更に親からの遺産で、現在家を四軒持っており賃貸収入も有りそのお金で金貸し業を
営んでおり、以前はフィットネスクラブの経営もしていたそうです。
日本もフィリピンもお金持は更にお金が増える仕掛けになっているんですよネエ~!


彼女はとても賢く、フィリピン人にしては珍しく誠実で真面目な性格なので、日本での
OFW時代も日本人から信頼され親切にされたそうで大の日本人ビイキだそうです。
セブでの水先案内人としては最高の人を紹介してくれた友人の日本在住P人妻に感謝!


話を本題に戻します、夕食を”ゴチ”になった後彼女が「アナタ モウ一軒イクイイデスカ?」とのお誘い、私思わず「Yes」、マリーナモールの近所のコ洒落たバーで楽しい
ひと時が過ぎました。
私の宿泊先は長期滞在用のホテルなので基本的な家財道具は揃っていますが、日用品の
買い物が必要なので取敢えず彼女の仕事が休みの次の週末に再度会う事で今日は
全て彼女の”ゴチ”で無事セブ滞在初日は解散。


明けて週末、今回は私のホテルと彼女の家との中間点のPモールで待ち合わせ
しかし彼女はいつものフィリピンタイム、前回全て”ゴチ”になったことも有り怒りを
グッと堪え笑顔での再会!彼女は何故かルンルン気分で年増の若造り!? 
何か嫌な予感が!!

買い物も無事終了し、Pモール内のフィリピン料理のレストランで夕食後、先程の
”嫌な予感”も手伝って「今日は私がペイします」と彼女曰く「ハイ、ゴチュソーサマー」
「コレカラ アコ アナタノ ホテル イッショ イク イイデスカア~?」
私、一瞬キョト~ン!「ダジョウブ アコ キガエ アル」ハア~~~!?
私の反応を見て彼女が「ダイジョウブ アナタ シンパイナイ アコ コドモジャナイ」
知ってるよ~! 40ババアでショウヨ!! しかし私は60過ぎの爺!!(笑)


つづく…。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。