セブ, マクタン島 よろず日記(木曜会)

マクタン島に住む暇な日本人を中心に毎週木曜日集合です
会費もありません、幹事も居ません、手助けしません

毎週木曜日午後1時より、マクタン島 tamya「オレンジ、ブルータス店」
で行っておりますので気軽に来て下さい、

 連絡係:木曜会
Globe 0927-207-8388, ODA
HP セブ島よろず日記(木曜会)

HP 歳を忘れさせてくれるフィリピン
  (協賛 レイテ島、オルモック)

協賛の「すみれ会」では
会員の「一人暮らしの会員の安否確認」「緊急対応マニュアル」等
「生前準備」の対応を会員同士で助け合いながら準備を進めております。

セブ在住又は在住希望の日本人の方々を対象に「新会員」を募集しており毎週水曜日午後1時より、
マンダウエ市Jセンターモール(東横インとなり)2Fイミグレーションの外側のテラスにて、
生活情報に関するよろず相談事も承っておりますので(専門業者、弁護士紹介など)
これからセブに住む予定の方、並びにセブ在住の日本人の方、会員以外の方も自由参加です
「転ばぬ先の杖」としてまず水曜会においで下さい

すみれ会公式HP 「セブ島移住者による交流会のブログ」

年金生活者が暮らしやすいトップ20ヶ国                           (コルドバ月光)

「国際定年インデックス2017」が発表され、老後を楽しむのにベストな3カ国にメキシコ、パナマ、エクアドルが選ばれた。
アジア地域からはマレーシアがトップ10入りを果たしたほか、タイ、カンボジア、フィリピンの4カ国がトップ20入り。いずれも年金制度や医療制度が整っているうえに物価も低く、年金生活者が充実した生活を送れる環境が魅力的だ。
このランキングは海外生活情報サイト「インターナショナル・リビング」が、世界25カ国の「年金生活者の暮らしやすさ」を順位づけしたものだ。住居費・福祉制度・生活費・現地への馴染みやすさ・娯楽・医療制度・インフラ・気候に加え、移住ビザや永住権の取得しやすさも評価項目となっている。
総体的に気候が穏やかで自然に恵まれた国が多く、首位のメキシコは大半の項目で90点以上を獲得している。このランキングで最も意外に思えるのは、メキシコを始め治安の悪いイメージの強い中南米の国が多数ランクインしている点だ。
ホンジュラスなどは殺人犯罪率が2011年のピーク時には10万人につき86.5件(米国務省データ)と、世界最悪レベルの数字を記録している。2014年には66.4件にまで減っているものの安全とはいいがたい。メキシコも同様だ。
評価項目に「治安」が見当たらないが、インターナショナル・リビングは「安全な国を前提にランキングを作成した」としているため、国によっても治安のよい地域のみに絞ったということだろうか。日本が対象国となっていないのが残念だ。
年金生活者が暮らしやすい20カ国

(写真 複写ー転写禁止します
20位 ドミニカ共和国(北米)78.1
19位 フィリピン(東南亜)78.2
18位 ボリビア(南米)78.9
17位 カンボジア(東南亜)79.5
16位 フランス(西欧州)80.0
14位 ベリーズ(中米)80.2
14位 ペルー(南米)80.2
13位 イタリア(南欧州)80.5
11位 タイ(東南亜)81.0
11位 ホンジュラス(中米)81.0
10位 マルタ(南欧州)81.7
9位 ポルトガル(西欧州)83.1
8位 ニカラグア(中米)83.6
7位 スペイン(西欧州)84.8
6位 マレーシア(東南亜)87.0
5位 コロンビア(南米)87.7
4位 コスタリカ(中米)87.9
3位 エクアドル(南米)90.7
2位 パナマ(中米)90・8
1位 メキシコ(北米)90.9


ZUU online より転用


コルドバ月光

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。