セブ, マクタン島 木曜会

マクタン島に住む暇な日本人  ー年中無休の木曜会ですー
会費もありません、幹事も居ません、会の決まり事も有りません
色々な困り事相談、生活情報などを提供しますが、「礼節の無い方は出席をお断りします!」

0916-704-3944(G)
lapulapu-尾田

5月、セブ入国時eTravelが厳格化(変更)

(2024年5月27日 午前10時5分 現在)
円貨→外貨(TTS)
米ドル(1 USD) 157.29円


ここ数日サーバー接続が遅いな~台風の影響??
大阪人さん台風の影響でマニラ空港で足止めされなかったかな~」
木曜会皆さん日本ーセブを往復しているので色々情報を頂く
(有難う御座います)

関税局は2022年4月より
「電子通関手荷物・通貨申告(eCBCD)システムの導入」

e-Travelに関税手続きを統合。
全国の国際空港でe-Travelを使った電子税関手荷物申告書
 (e-CBDF) と統合された。
データ収集プラットフォームにより各乗客に1つのQRコードが提供され
シームレスな旅行手続きが可能になる。
( 紙の入国カードは2023年5月1日をもって廃止されました)
「BI、BOC、BSP、検疫局の国境管理要件を統合した」

2024年5月最新で一部変更がありました
e-Trave本人顔写真の記載必要とサインの追加あり、
入国時イミグレブース手前で係員からe-Travel検査あり、
 不完全又は作成なければイミグレ審査に進めない」


eTravel は、入国審査官の許可を得る前に
 BI が国際旅客に記入を義務付けていた入国カード
出国カードに代わるものです。(国境管理サービス強化)
すべてのデータ要件を 1 つの共同プラットフォームに
統合することで、紙ベースの要件を軽減しました。

BI長官は航空会社に対しプロジェクトの実施に協力するよう促し、
航空会社は顧客にeTravelシステムへの登録が必須であることを
通知する責任があると提示した。
(フィリピン移民局(BI)より一部抜粋)

(2024年5月27日フィリピンスターNEWSより一部抜粋)
フィリピン、入国地点での「FLiRT」変異株の検査を強化
フィリピンのすべての入国地点に対し、
COVID-19のいわゆる「FLiRT」変異株の症例がある国からの
訪問者に対して厳格な検査を実施するよう命じたと発表した。

よって旅行者に対しe-Travel アプリケーションで利用できる
健康アンケートに回答するよう注意喚起指示されました。
ーーーーーーーーーーーー


移民局業務での問題、、
事務局長は機関に対し、領収書記録をファイルに
保管するよう求めている、、?
観光ビザ延長の要件を満たしている外国人申請者が領収書
紛失したために帰国を余儀なくされる。

(ごねるとまずい方向に向かいますね)


入国審査局は受領書を提示しなかったため、
延長申請された観光ビザの発給を保留した。
(BIには記録に以前の支払いに関する重要な情報が記載されている)
ビザの最新の有効な延長の領収書を提出する必要があると説明した。

(領収書はコピーでも良いと解釈も出来る)
(要は検索するのが面倒だから最新の領収書を持参しろとの事ですね!)


参考資料=機械翻訳で間違いあるやも知れません
lapulapu-oda

×

非ログインユーザーとして返信する