セブ, マクタン島 木曜会

マクタン島に住む暇な日本人  ー年中無休の木曜会ですー
会費もありません、幹事も居ません、会の決まり事も有りません
色々な困り事相談、生活情報などを提供しますが、「礼節の無い方は出席をお断りします!」

0916-704-3944(G)
lapulapu-尾田

ラプ=ラプ市観光客に環境税、賃上げ高物価?

【外国為替相場(仲値)】
(基準時点:2024年05月02日09時00分)

米ドル   155.83円


観光客に環境税、賃上げ高物価で年金者の生活は
ますます厳しくなる!



 ラプ=ラプ市は観光客に環境税を請求へ
(公開日2024 年 4 月 30 日NEWS一部抜粋)


料金は環境保護のために使われると強調した。
(料金の支払いが免除されるのは一部のみ)


条例の原案では、市内のホテルとリゾートは市政府に対して
環境手数料として100ペソを徴収する義務があったが
ホテルやリゾートの所有者や経営陣が料金の徴収を拒否した
この措置は署名修正案。
これらには、地元の海岸の修復、観光地沿いのゴミ収集の改善、
船舶への浄化槽設置の強制、サンゴの保護などが含まれる。


地元のアンガシル港、マリバゴ、プンタ・エンガーニョ(ヒルトン)、
マリゴンドンでの100ペソ環境費の徴収を主導すると述べた。
(12 歳以下のフィリピン人の子供は支払い免除)


環境保護費を支払っていない客の乗船を許可する運営者や所有者は、
罰則や罰金を科せられ3回目の違反で、5,000ペソの罰金と
営業許可の取り消しが科せられる。


「またバンカーボートホッピング料が値上がりするね~」
ーーーーーーーーーー

(公開日2024 年 4 月 30 日NEWS一部抜粋)


セブ市の川や水路の3メートルの地役権ゾーンに建造物の事業所は、
自発的に建造物を撤去する必要があり、
最終通知はエステロ・デ・パリアン沿いの33の事業所に発行された。


フィリピンの水道法では都市内の河川や水路から
 3 メートルの区域を「建築禁止区域」として
義務付けていると述べた。

また3メートルの地役権区域の上に建設されてる非公式入植者は
仮設住宅施設を建設すると述べたが、、
市内の主要水路地役権区域内に1万8000人のスラム街入植者が
住んでいると推定。
ーーーーーーーーーーーー



(公開2024 年 4 月 29 日NEWS一部抜粋)


労働者団体と進歩主義団体は、
インフレ圧力による商品価格の上昇を背景に、
保留中の賃金引き上げ対策法案を制度化するよう改めて
中央政府に要請した。

各地域の従業員と民間部門労働者の給与率を「一律150ペソ
引き上げる賃金回復規定する法案を可決するよう
議会に求めている。

「日本に全輸出している工場は今赤字経営、また閉鎖する
 会社が出ますね~!」
ーーーーーーーーーー


全国の飢餓率は最大14.2%、マニラ首都圏の飢餓率は最悪で19%
不本意な飢え、何も食べることができない状態を
経験したフィリピン人の家族は14.2%に増加した。


飢餓を経験した家族 14.2% のうち、12.2% は中等度の飢餓を経験し
2% は重度の飢餓に苦しんでおり、深刻な飢餓は2023年12月の
1.4%から2%に増加した。

(セブ、マクタン島、イボ街にて)


飢えの経験が最もひどいのはマニラ首都圏で19%で、
ルソン島の15.3%、ビサヤ諸島の15%ミンダナオ島の8.7%
となっている、
(GMA 統合NEWS2024 年 5 月 1 日一部抜粋)


参考資料、機械翻訳で間違いあるやも知れません
lapulapu-oda



参考資料です機械翻訳で間違いあるやも知れません
lapulapu-oda

×

非ログインユーザーとして返信する