セブ島よろず日記(木曜会)

私達はマクタン島に住む日本人を中心に毎週木曜日に
行われております、
木曜会は特別な決まり事は全く有りませんし会費も徴収しておりません
セブでの日々の生活の中での体験談を話しに来る方や悩み事、
困り事の相談や友人作り、同じ趣味の仲間作り、暇つぶし(笑)等様々な目的を持った人々の気楽な集まりです。
「木曜会」
毎週木曜日午後1時より、マクタン島で
行っておりますので気軽に覗いて下さい、
(場所ーセブ・コルドバの夜は更けて,リタイア生活 セブ島のひま人の HPを参照して下さい)
お問合せ:木曜会
Globe 0927-207-8388 オダ(幹事)
HP セブ島よろず日記(木曜会)

SUN 0943-515-6784 モンマ(幹事)
HP セブ、コルドバの夜は更けて
https://korudbagekkou.muragon.com/


HP  リタイア生活 セブ島のひま人 
  (マクタン島のブログです)https://plaza.rakuten.co.jp/walangpera/

HP 歳を忘れさせてくれるフィリピン
  (レイテ島オルモックのブログです)https://amigoaki.muragon.com/

フィリピン、ドテラテ大統領、中国,日本から得た物は(lapulapu-ODA


麻薬中毒者の更生施設のために約9300億円
13項目の経済協力、約1兆5500億円
中国にフルーツ、37品目の輸入を認めさせ総額2兆5千億、、
中国人のフィリピンに渡航する旅行者に警戒情報を解除などを
中国から引き出させた


フィリピンの資源は、インドと同じく優秀な人材である。
とくにIT関連はASEANの中ではダントツだ、なぜだか経理も強い。
アジア最大の会計事務所はフィリピンにあり、
インドネシアやマレーシアなどの企業の多くは
フィリピンの会計事務所を使っている


しかも英語力のレベルが非常に高く、海外への出稼ぎが“最大の産業”
だから世界中のノウハウを持っている。国民の平均年齢が23歳で、
労働力が経済成長を押し上げている社会



別の面でフィリピンでは米軍が5つの基地を使用しているが
フィリピンからの米軍撤退、又もや追い出し発言??


「中国の助けがなければ、フィリピンは発展できない」と発言し
ドゥテルテさんは訪中にあたって徹底的にぶん取って来たが
「資源開発に着手すれば戦争になる」との警告をも受けている
面子より現金ですよ!




まーコラソン・アキノ元大統領の時代は、フィリピンと中国は親しかったし、、
ドテラテ大統領が親中路線を歩んだからといって支持率は下がらない社会です



歴史的背景だけを見れば反日感情を持っていてもおかしくないフィリピンだが
ドゥテルテ大統領はダバオにおける経済発展の日本の功績を高く評価して


「日本は長年にわたりフィリピンを援助し、わが国の経済発展を助けてくれた。」
と発言している



今回政府開発援助(ODA)や民間投資をあわせて今後5年間で1兆円
規模の金額を日本から借りたフィリピン
(1カ国に対して1兆円の経済援助は、多過ぎると言う反対
 意見も出ていた)



第2マクタン・ブリッジや、マクタン空港も日本の援助でしたが
中国牽制の為「高速艇、練習機」などの供与もし、、
今度は日本のODAで ボホール新空港計画ですか??



日本はこれまでフィリピンに対して経済支援を長年続けてきたので
日本に対しては礼節を守って接しているドテラテ大統領だが
「時が来たときには日本の側に立つ」とも発言している??、、、


マニラから北へ100キロほどにアメリカのクラーク空軍基地跡地の一部で
巨大プロジェクトが計画され
1兆5,000億円をかけて人口120万の都市をつくるとの事
開発を進めるのは、日本とフィリピンですよ



慢性的な大渋滞が起きるマニラをこの地域に移転させ(クラーク)首都機能を
分散させるのかも知れない?そして



日本が支援する鉄道は、マニラ、クラーク間
中国も同じクラークから延びる高速鉄道に参入して、
貿易港のあるスービックまでのおよそ60キロを結ぶという構想らしい


クラークもスービックもアメリカ軍基地があった場所で、アメリカを追い出して
都合が悪くなったら呼び戻す?何を考えているのか見えて来ないフイリピン



麻薬の問題が非常に深刻な社会問題であるフィリピン
犯罪者は殺せ!!(おかげで治安は良くなった)やり方は乱暴だが効果あり
変化が国民に見えるという所で人気がある
利権争いで進まない政治、汚れた事務処理を正すドテルテさんだが
永住者、観光ビザなどのエキスプレス(当日渡し)は無くなり出直し受取で
不便極まりない生活になった


(J-モール2FのATM )


中国と日本の双方からお金を引き出している大統領さすが!
小学校の校舎が各所で新築ラッシュだが、貧困層の人達の生活は変わらない


フィリピンの人口も1億人を超えている、日本企業は地道に市場を
開拓していくべきだ




古い情報です ガイサノ、マクタン両替所3月22日です


(写真ー複写、転写禁止です)


lapulapu-ODA




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。