セブ島よろず日記(木曜会)

マクタン島に住む日本人を中心に毎週木曜日集合!
木曜会は特別な決まり事は有りません、会費もありません
セブでの日々の生活の中での体験談や悩み事、
困り事の相談や友人作り、暇つぶしなどの目的を持った人々の気楽な集会です
毎週木曜日午後1時より、マクタン島で行っておりますので気軽に来て下さい、

お問合せ:木曜会
Globe 0927-207-8388 オダ(幹事)
HP セブ島よろず日記(木曜会)

SUN 0943-515-6784 モンマ(幹事)
HP セブ、コルドバの夜は更けて
https://korudbagekkou.muragon.com/

HP  リタイア生活 セブ島のひま人 
  (マクタン島のブログです)https://plaza.rakuten.co.jp/walangpera/

HP 歳を忘れさせてくれるフィリピン
  (レイテ島オルモック支局のブログです)https://amigoaki.muragon.com/

HP セブ 案内所
https://1020642705.muragon.com/

フィリピン人のセックスライフの実態・続編3(コルドバ月光)

田舎に住む家庭の中では、昼間してる時に子供が来れば、隠すこともなく「あっちに行きなさいと怒り」セックスを続けてるというのですから性的な考え方の異常さに驚き言葉にできませんでしたが、田舎に住む貧困の家庭では当然のように子供達は思ってる様です。


少しだけ良識のある夫婦ですと、近くの野山へ行くと食料用の野草が沢山群生しておりまして、それらを子達に採りに行かせている間を利用してセックスを楽しんでいる
そうです。
フィリピンに住む貧困の家庭が皆、同じとは思いませんが、多いということなのです
そのため子供が成長すればセックスに大変好奇心を抱くと言う事です。


田舎に住む若いフィリピン女性も男性もセックスに対する経験も早く、15歳頃迄には
ほとんどの男女がセックスの経験があるというのですから驚きですよネ!
そのためフィリピンの田舎の人々は早くから子供を産む子供が多く、分かる気がします。


両親の子供も兄弟も沢山居ますしその子供が若くから子供を生み沢山の子供の居る家庭になっているそうで、話を聞いた田舎の若いフィリピン女性には子供は居ませんが
セックスが生活の一部とも言うので、驚きですヨネ。


両親の夜の営みを見たことが有るフィリピン人は殆どと言うのですが、田舎では朝、昼、晩と平気で子供たちの前で座ってる時でもしてると言うのですからイヤハヤ(笑)


”ところ変われば品代わる”ですネ!!


田舎の若いフィリピン女性にセックスは好きなのかと聞きました所、好きではなく当たり前にする事でも有り気持ちの良い行為なので、したくなるとも言うのです。


セックスに対しての貞操観念の考え方が皆無で、遊び感覚に考えてるという事なのです
かネ~!?


何が日本の習慣や道徳観念と違うかと言いますと、フィリピンでは両親が平気で子供に
見せるという事ですから当然と言えば当然ですかネ!?
簡単に言えば動物の生活状態と同じものを感じます。


田舎に住む若いフィリピン女性へ好きな人だけにセックスは許せるのか?と聞くと
気持ちの悪い男性、嫌いな男性以外なら気持ちが良いことだから別に平気だというの
です、当然浮気OK!?


セックスで気持ちが良いという感覚は他では味わえないと言うのですから(笑)
正直に言ってることは間違ではないですが、セックスに対して考え方の違いと言いますか
ある意味で正直では有りますがネ。


マスターベイションも小さい頃からしいてたらしく両親もそれを怒りもせず見てたというのですから驚きでよネ!!


田舎に住む若いP人女性も毎日マスターベーションをしてたというのです
女友達がマスターベーションする時、「此れ使うともっと気持ち良いから」と話もしてたと言うのです、とは言っても大人のオモチャ等ではありませんヨ!生活に在る物を使い

具体的にマスターベイションの仕方を友だちと話してたとも言うのです。


お国柄の違いなのでしょうかネ!?セックスに対しての大人の子供に対する性教育に関し
フィリピン人の考え方には驚きを隠せませんでした。
親として子供に対して性教育というものをどの様に考えてるかということに日本人との

大きな違いを聞いたことで、「悪いことなの?貴方はセックスしないの?
何故KTVなどで男性が女性をホテルへ連れて帰りセックスをするの?」かと聞かれ言葉が出ませんでしたが、良いことではないのは当然と思いますが若いフィリピン女性に対して悪い事と具体に説明ができない事で、私自身考えもしない会話の中で、戸惑ったという話でもあります。


結論:
田舎の貧困層のP人女性を妻やガールフレンドに持つ御同輩!!
私自身そして多くの日本人の知人や友人から様々な悲劇を耳にしてきましたが、問題の
源はこれらが起因していたと申し上げても過言ではないと思います。
メッキリ最近”下の方”が弱くなってご無沙汰と武勇伝でも語る様にお話になっている
御同輩!! くれぐれもご注意下さいネ。「一日一発」が家庭円満の秘訣、
それが出来ないなら、若いP姉ちゃんに手を出すべからず必ず悲劇が訪れますヨ(笑)





この記事は「フィリピンのベスト情報ガイド」の記事を一部引用させて頂きました
                                (コルドバ月光)






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。